アイテムを確認しよう

男性なら一着はスーツを持っているものですが、着こなし方は人それぞれです。スーツにはそれぞれ種類がありますし、それに似合うアイテムも異なるでしょう。

スーツを彩るアイテムリスト

  • シルクチーフ
  • ゴールドカフス
  • ネクタイピン

経験者の意見は大切

オーダースーツを初めて購入する場合、不安が付き物です。市販のスーツより費用がかかるので失敗は避けたいものです。まずは実際に購入した人の意見に目を通しておくと良いでしょう。

オーダースーツは購入者の意見を参考にしよう

スーツ

迷ったけど作って良かった

初めてのオーダースーツでした。生地から色まで自分好みに作ってもらえたので愛着が湧きますし、サイズ感もピッタリなのでカッコ良く着こなすことが出来ます。

完成まで手を抜かない

自分のイメージに近付くまで仮縫いしてもらえて満足です。購入者が納得するまでサービスしてくれる業者を選ぶことが大切だと思いました。

[PR]
レザージャケットを多数販売中
着心地軽やかなアイテムが満載

仕事熱心な男性にピッタリなオーダースーツ

男性

若者なら安くても問題ない

大量生産されているスーツは、比較的安い生地が使用されています。ブランドにもよりますが、選ばなければ1万ほどで購入できるのではないでしょうか。若者が就活の際に着るリクルートスーツなどであれば低価格で買えますが、ある程度のキャリアを積んで仕事でも活躍している男性もいるでしょう。そんな大人な男性には、オーダースーツがよく似合います。

男性

スーツによってイメージは変わる

カチッとした一般的なスーツもあれば、ホストのようなお兄系のスーツもあります。職業や体型、全体的な雰囲気でも似合うスーツは異なるでしょう。店頭で探しても見つからない場合、オーダースーツを検討してみると良いです。都会にはオーダースーツが買える店が多いですが、ネットを通じて注文することも可能です。

[PR]
かっこいいオーダースーツ
自分に一番似合っているスーツ

オーダースーツが完成するまでの流れ

スーツ

始めは生地選び

まずは生地選びからスタートします。店にもよりますが、数百点から数千点の生地が用意されているので選び放題です。また、取り扱っているブランドも豊富なので、自分好みを見つけていきましょぅ。素材や色はもちろん、柄まで選べるので周りと被ることもないはずです。スタッフと相談しながら決めますので、何か気になる点があれば聞いてみましょう。

採寸や体型の特徴を押さえる

生地選びを済ませたら、今度は身体の採寸へと移ります。基本となる寸法を測ると同時に、スタッフがお客様一人一人の体型を確かめます。人によって猫背であったりなで肩であったりしますので、その特徴を押さえておくのです。これを怠るとスーツの仕上がりも影響するとも言われています。

仮縫いをした状態で確認

寸法から型紙を作り、お客様が選んだ生地で仮縫いを行っていきます。ここで一度、実際に着て確認を行います。着心地に満足しなかったり、スーツの雰囲気がイメージ通りでない場合は正直に伝えましょう。良質な店ならお客様の満足度を第一に考えているはずですので、何度かやり直しをしてくれます。

本縫いをして仕上がる

実際に着て満足したら、本縫いをして仕上げます。大量生産ではなくオーダースーツなので、手縫いで行われることもあります。ミシンでは再現できない仕上がりとなるでしょう。縫い終わったらアイロンをかけ、最終チェックをして問題なければ完成です。

[PR]
お兄系ファッションを楽しもう
好みのアイテムがきっと見つかる

[PR]
オーダースーツは大阪で買う
自分にピッタリなスーツを購入する

[PR]
東京にあるオーダースーツ店を厳選紹介
最良の一着を仕立ててもらおう

広告募集中