仕事の把握

税理士の働き方と年収について

将来は税理士になって働きたいという場合には、税理士試験を受験して合格する必要があります。試験は国家資格となり、簿記論と財務諸表論が必須科目となります。このほかに所得税法か法人税法のどちらかの科目とあと2科目を選択して合計5科目を受験して合格しなくてはいけないのです。国家試験の中では難関試験の一つとなります。合格するまでに数年かかる場合が多いので働きながら合格することを目指したほうがいいといえます。試験に合格して税理士となった場合には、税理士事務所などで雇用されて働くほかに、仕事を覚えたら独立開業することも夢ではありません。年収は、大体500万以上となります。独立開業して、顧客が定着した税理士の中には千万円の年収となる人もいます。

主な仕事の内容と役割について

税理士の仕事は、税務のプロとして企業などの確定申告の準備や税務署への提出、青色申告の承認手続きや税務調査の立会などになります。日本にはたくさんの税金があり、日本国民はこの税金をきちんと納めなければいけないのです。所得税、法人税、相続税、贈与税などの税金を円滑に間違いなく収めるためには、税理士のアドバイスが必要だと感じるはずです。会社や個人事業での税務署に提出する申告書の作成や代理としての書類の提出が主な仕事となりますが、これからの税理士として求められる役目があるのです。それは、税理士として企業の経営のサポートをするということです。税務のほかに、経理の部分でも帳簿などを見て経営のアドバイスや節税対策を教えてくれる税理士を企業が求めているのです。

Copyright © 2015 税金のことをよく熟知している税理士{相談しないと解決しない} All Rights Reserved.