考えを改めよう

思い込みで進めてはいけません

相続税制の改正により相続税の節税に興味を持つ人も増えてきました。基礎控除額が4割削減されたため、多くの人が課税対象者となりえます。また、不動産や株式などの価格も上がってきているので、資産が膨れ上がってきているという事情もあります。相続税の節税対策は一朝一夕にできるものではありません。早めに手を付けて相続財産を減らしておきましょう。但し、気を付けなければならないことは一人で進めてはいけないということです。思い込みで相続税の節税対策を進めていくと節税だと思って進めていたことが否定される可能性があります。必ず税理士に相談して勘違いの内容に進めていきましょう。但し、税理士であればだれでもよいというわけではありません。

税理士はいろいろな手段で見つけることができます

税理士にも得意分野があります。相続税の申告をしたことがある程度の税理士ではなく、相続税制を専門家にしている税理士を探しましょう。知り合いに税理士がいなければ、インターネットで検索して探していくのも有効な手段です。しかし、きちんと数社にあたってみましょう。そうすることで報酬の相場観が分かりますし、進め方の違いもわかります。銀行や生命保険会社に相談するのも選択肢の1つですが、銀行の担当者や生命保険会社の担当者が詳しい知識を持っているわけではなく、紹介をしてくれるケースがほとんどです。このような手段で当たってみるのも良いです。相続はまだまだ先という思いは捨てて、今からできることを少しずつ行っていきましょう。

Copyright © 2015 税金のことをよく熟知している税理士{相談しないと解決しない} All Rights Reserved.