税理士の格差

税理士間の格差が広がるだろうと考えられています

税理士業界には、他の士業には見られない特徴があります。それは、高齢の税理士が多いという特徴です。他の士業の場合は各年齢層がバランスよく存在している形になっていますが、税理士の場合は60歳以上の人の数が突出して多くなっています。なぜそうなっているのかというと、定年退職した税務署OBが退職後に税理士事務所を開業するケースが非常に多いためです。ある程度年齢が高い税理士は、はっきり言って税務サービスの拡充にそれほど熱心ではありません。体力的に無理が効かなくなっていますから、ツテを頼って紹介してもらった法人税務だけを取り扱っているケースが大半です。一方、若手の税理士は税務サービスの拡充に余念がありません。ですので、今後は税理士間のサービス格差が拡大するのではないかと考えられています。

税務サービスを利用する場合には

これから税務サービスを利用したいと考えているのであれば、複数の税理士事務所のサービス内容や料金を調べてみることをおすすめします。先程述べた通り、事務所によって提供されている税務サービスの内容に大きな開きが生じています。あまり熱心ではない事務所を利用してしまうと無駄なお金を費やしてしまうことになりますので、注意が必要です。たとえば、小さな会社の経営者が、日常的な記帳代行業務を依頼するだけでなく、自分の相談相手にもなって欲しいと希望しているのであれば、経営コンサルティング業務も取り扱っている事務所と顧問契約を結ぶようにするのが得策です。税理士は、数多くの企業の内情を身近に見てきていますので、ヘタな経営コンサルティング会社を利用するよりも、ずっと頼りにすることができます。

Copyright © 2015 税金のことをよく熟知している税理士{相談しないと解決しない} All Rights Reserved.